男女共同参画センター員紹介

名古屋大学男女共同参画センター 教授  榊原千鶴(さかきばら・ちづる)

愛知県出身。1984年南山大学文学部卒業、3年間の教員生活を経て、1987年名古屋大学大学院博士前期課程入学、1989年同修了、1995年同後期課程満期退学。博士(文学)。 1995年名古屋大学文学研究科助教、2010年より名古屋大学男女共同参画室助教、2011年同准教授を経て、2017年同教授。
※2017年7月より男女共同参画センター

センターでは、名古屋大学ジェンダー・リサーチ・ライブラリ(GRL)の管理運営、 ワークライフバランス促進支援(学内保育園、学内学童保育所など主に子育て支援)、理系女子学生コミュニティ「あかりんご隊」をはじめとする女子学生支援を担当しています。また、ブザン公認マインドマップ教育フェローの資格を活かし、スキルアップ支援のひとつとして、学内研究者向けにマインドマップ講習会「マインドマップを仕事にいかす!」を開催しています。

専門は、日本の中世から近・現代に至る女性教育史および日本中世文学です。

著書:『烈女伝 勇気をくれる明治の8人』(2014年)、『日本語上手。ひと味ちがう表現へ』(名古屋大学日本語表現研究会、2006年)、『女訓抄』(美濃部重克氏との共著、2003年)、『平家物語 創造と享受』(1998年)、など。

論文:「〈銃後〉女性教育にみる古典 ― 昭和10年代、『建礼門院右京大夫集』はいか に読まれたか ―」(『日本文学』2016年)、「女子用書簡文範の鼇頭と軍記物語 ―『通俗書簡文』を手がかりとして ―」(『日本文学』 2011年)、「「世界の花ならむ事を望む」― 跡見花蹊にみる"知"の継承と明治初期の女性教育―」(『名古屋大学文学部研究論集』2010年)、「明治二十四年の『からすまる帖』― 福羽美静にみる戦略としての近代女性教育―」(『名古屋大学文学部研究論集』2009年)、「女性が学ぶということ ― 女訓から考える軍記物語 ―」(『日本文学』2002年)、ほか。

連載:「“ 知”の継承から考える明治期の女性教育 ― 先駆者の気概に学ぶ―」(『文部科学教育通信』2010年2月~8月)。