教育

  • 「ジェンダーの視点から考える21世紀の日本社会」

全学教育科目【ジェンダーの視点から考える21世紀の日本社会】

男女共同参画センターでは、ジェンダーに関する授業を開講しています。

ジェンダーとはなにか、女らしさや男らしさとはなにか。性別によらず人が輝ける社会をつくるための男女共同参画の重要性を講義するとともに、ジェンダーの視点を通して、教育、就活、婚活、少子化、子育て、停滞する日本経済などの問題を考えることで、より良い21世紀の日本社会を構築するための方策を議論します。

科目名 ジェンダーの視点から考える 21 世紀の日本社会
日 時 Ⅲ期・火曜 2 限(10:30~12:00)
担当者 束村博子教授(生命農学研究科・生物学,男女共同参画センター長)
榊原千鶴教授(男女共同参画センター・日本文学・女性教育史)
三枝麻由美准教授(男女共同参画センター・ジェンダー平等・国際社会学)
*2017年度はこの3 名がリレー形式で担当します。

 







  • "Thinking About Japanese Society in the 21st Century from Gender Perspectives"

G30 AY 2017 Fall【Thinking About Japanese Society in the 21st Century from Gender Perspectives】

Nagoya University has been selected as the only University IMPACT Champion in Japan by UN Women for the promotion of HeForShe. HeForShe is a solidarity movement for gender equality and engaging men in gender equality is a major aim. This course aims to enhance a student's understanding of gender equality and gender-related issues in Japan and global society, and to review and debate how we could close gender gaps.

科目名 Thinking About Japanese Society in the 21st Century from Gender Perspectives
日 時 Ⅰ(1st year 1st Semester) / Thu / 4 (14:45~16:15)
担当者 Mayumi SAEGUSA, Ph.D.