名古屋大学ホームページ  男女共同参画室 HOME English
DOWN NEWS
 
  ◆ 平成28年(2016年)度園児募集(第2回)の結果について
平成28年5月10日(火)〜5月23日(月)の期間に募集を行いました新規入園児の募集の結果(応募状況等)はこちら(PDFファイル)のようになりました。

  ◆ 「こすもす保育園保護者の会」のHPへのリンクの設置について
「関連リンク」に「こすもす保育園保護者の会」HPへのリンクを設置しました。

  ◆ 平成28年度以後の常時保育園児募集時期について
平成28年度以降の常時保育の園児募集時期については、こちら(PDFファイル)をご覧ください。

  ◆ 「多世代共用スペース(名古屋大学NIC3階)」のご案内
名古屋大学ナショナルイノベーションコンプレックス(NIC)3階に、子育て中の教職員・学生のためのコワーキングスペース「多世代共用スペース」があります。子どもを連れて仕事や勉強・打合せなどに利用できます。
詳細、お問い合わせ先はこちら(PDFファイル)をご覧ください。

  ◆ 「一時保育」及び「病後児保育」に関する取り扱いを一部変更します
平成25年4月のご利用から、取り扱いを一部変更します。詳しくはこちら(PDFファイル)をご覧ください。

UP 名前の由来について
DOWN
  「こすもす」は、親しみやすい花の名前であると同時に、ギリシア語で「世界、宇宙」を意味する語です。
この保育所で成長する子どもたちが、名大というミクロコスモスから世界というマクロコスモスへと羽ばたくことができるように、また、個人というミクロコスモスと社会というマクロコスモスとのなかでバランスのとれた人格を形成することができるように、との思いを込めています。
UP 設置の趣旨および経緯
DOWN
  名古屋大学では、職員の福利厚生、国際交流などを包含した 男女共同参画事業の一環として学内保育施設を設置することにより、 仕事と子育ての両立を支援する雇用環境整備を推進します。 男女共同参画推進専門委員会により実施された学内アンケート調査等にもとづくニーズを受け、 2005年1月の役員会、部局長会、教育研究評議会で設置が承認されました。
 
名古屋大学は、働く皆さんを応援します!
こすもす保育園は、子育て中の教職員のキャリアと生活、そして子どもたちの成長を支えます。 育児に関する専門家や世界各国のスタッフや学生たち、緑に囲まれたキャンパスで、 子どもも親も育ち活躍できる環境作りを進めます。
UP 保育の特徴
DOWN
  名古屋大学の教職員の勤務形態に柔軟に対応し、子育てをしながらその能力を発揮し伸ばすことができるような環境を提供いたします。 保育の特徴としては、“さまざまな人との出会いと触れ合い”および“自然との触れ合いと共生”を目指します。 保育園には、常時保育利用者のほかに、年度途中の入園者、一時保育利用者、多様な文化背景をもつ利用者などがおり、 さまざまな人との出会いや触れ合いから多くを学べるような保育を行います。 また、保育園は、緑に囲まれた場所に立地しており、豊かな自然環境と触れ合い、 自然と共生する喜びを体感できる保育を実践していきます。
UP 主な概要
DOWN
 
開園開始日
2006年4月3日(月)
開園時間
7:30〜21:00(休園日:日曜、祝日、年末年始、大学が定める休日)
保育定員
60名 (2009年9月1日から)
対象年齢
生後57日〜未就学児
保育体制
名古屋大学が保育業者に委託し、保育業務を行います。
乳幼児数に応じて児童福祉施設最低基準以上の保育士を配置します
(0歳児3人につき1名以上、1歳児〜2歳児4人につき1名以上、3歳児〜未就学児15人につき1名以上)。
職員構成
主任保育士:1名, 常勤保育士:子どもの年齢と人数に応じ配置, 看護師:1名以上, 調理師:1名以上, 非常勤保育士1〜3名
施設の概要
構造:木造1階建て及び鉄骨2階建ての1階部分 延床面積:456.24m2
運営体制
男女共同参画推進専門委員会委員、男女共同参画室室員、教育学又は心理学を専攻する教員、 国際交流業務に従事する教員、施設計画業務に従事する教員、嘱託医、本部の課長又はそれに準ずる者などからなる 「こすもす保育園運営協議会」の協議に基づき大学が運営します。
運営費
名古屋大学からの運営費、利用者利用料により運営されます。
UP 保育時間について
DOWN
 
開園時間 7:30 〜 21:00    ×
 
常時 / 一時保育共通   ※休日をのぞく月〜土曜
7:30   21:00

常時保育
  (1) 基本保育時間
 
8:00   19:00
 
      @コアタイムA
 
8:00 このうち10時間 19:00
 
      @コアタイムB
 
8:00 このうち8時間 19:00
 

  (2) 基本外保育時間
      @平 日
7:30〜8:00   19:00〜21:00
      A土 曜
7:30 このうちいずれかの時間 21:00

一時保育

7:30 このうちいずれかの時間(15分単位) 21:00

UP 料金一覧表
DOWN
 
常時保育
入園料 25,000円

基本保育料
※年齢   コアタイムA(10h)利用者 コアタイムB(8h)利用者
0歳   65,000円/月 55,000円/月
1歳   58,000円/月 48,000円/月
2歳   55,000円/月 45,000円/月
3歳〜未就学児   48,000円/月 38,000円/月
※年齢はその年の4月1日現在のものです。
※兄弟姉妹が同時に在籍する場合は、2人目以降の入園料を半額とし、 および年齢の低い園児以外の園児の基本保育料を半額とします。

延長保育料 (A・B利用者のコアタイム以外の基本時間内保育) 250円/15分
基本外保育料 (基本外保育時間・土曜日の保育) 300円/15分
夕食代 (注:土曜日には食事・おやつの提供はありません) 420円/1食

一時保育
一時保育登録料 5,000円
基本保育時間内 (8時から19時までの間) 250円/15分
基本外保育時間 300円/15分
食事代 (注:土曜日には食事・おやつの提供はありません) (昼食・夕食)1食 420円
(おやつ)210円

病後児保育(付き添いが必要となる場合等特別な場合)
こすもす保育園常時保育利用者対象。詳細はこちらのページをご覧ください。

病児保育
病児保育は名古屋大学あすなろ保育園で行っています。詳細はこちらのページをご覧ください。

UP 予約取消に係るキャンセル料 (平成24年5月1日ご利用分から発生)
DOWN
 
常時保育
◆ 利用予約取消料
 【基本外保育利用予約日】
期日 キャンセル料
利用予約日の直前の開園日の19:00以後(※1) 予約していた利用に該当する料金の2分の1の額(※2)

◆ 夕食取消料
期日 キャンセル料
利用予約日の当日の13:00以後(※1) 420円

一時保育
◆ 利用予約取消料
期日 キャンセル料
利用予約日の直前の開園日の19:00以後(※1) 予約していた利用に該当する料金の2分の1の額(※2)

◆ 食事等取消料
期日 キャンセル料
利用予約日の直前の開園日の13:00以後(※1) 昼食および夕食:各420円
おやつ:210円

(※1)土曜、日曜、祝日、年末年始(12/29〜1/3)、大学が定める休日を除く。
(※2)1円未満の端数を生じたときは、1円を切り上げた金額。
上記について共通

UP 時間区別表(内容は料金一覧表と同じです)
DOWN
 
利用区分 料金種別 利用負担金額(税込)
常時保育 入園料 25,000円
基本保育料 ※年齢 コアタイムA(10h)利用者 コアタイムB(8h)利用者
0歳 65,000円/月 55,000円/月
1歳 58,000円/月 48,000円/月
2歳 55,000円/月 45,000円/月
3歳〜未就学児 48,000円/月 38,000円/月
追加保育料
・延長保育料
    (A・B利用者のコアタイム以外の基本保育時間内)
250円/15分
・基本外保育料
    (基本外保育時間・土曜日の保育)
300円/15分
・病後児保育料
    (付き添いが必要となる場合等特別な場合)
375円/15分
・夕食代
    (注:土曜日には食事・おやつの提供はありません)
420円/ 1食
一時保育 利用保育料
一時保育登録料 5,000円
基本保育時間内 (8時から19時までの間) 250円/15分
基本外保育時間 300円/15分
病後児保育
基本保育時間内 625円/15分
基本外保育時間 675円/15分
食事代(昼食及び夕食)
    (注:土曜日には食事・おやつの提供はありません)
1食420円
おやつ210円
※年齢はその年の4月1日現在のものです。
UP 問い合わせ先
DOWN
 

入園についてのお問い合わせ、一時保育の登録申請・ご利用申込み、
その他こすもす保育園に関することは、 まずは職員課 保育園担当者までお問い合わせください。

職員課 保育園担当

Tel:052−789−3939
Fax:052−789−5981
E-mail : jinji04@adm.nagoya-u.ac.jp
※平成26年1月よりメールアドレスが変わりました。

UP 関連リンク
 
 

こすもす保育園保護者の会

多世代共用スペース(名古屋大学未来社会創造機構 まちづくりミニプロジェクト)

トップページへ戻る
All Rights Reserved, Copyright(c)2003, Nagoya University