男女共同参画センター員紹介

名古屋大学男女共同参画センター 准教授  三枝麻由美(さえぐさ・まゆみ)

履歴:
ルンド大学東アジア・東南アジア研究センター ポストドクトラル・フェロー
ブリティッシュ・コロンビア大学アジア研究所 ポストドクトラル・フェロー
博士(社会学)イリノイ大学シカゴ校
修士(社会学)千葉大学
学士(国際関係学)ブリティッシュ・コロンビア大学

専門分野:国際社会学(グローバリゼーション)、男女共同参画、制度分析、法社会学

現在の研究プロジェクト
• 男女共同参画社会への社会変容に至る制度・社会的過程と男女平等に関する社会的な風土や合意形成に関する国際比較

主要論文:
三枝麻由美 (2014年)「スウェーデンの学童保育指導員について」松村祥子・野中賢治編著『学童保育指導員の国際比較』中央法規

三枝麻由美 (2013)「日本の法曹養成制度改革」、和田仁孝・ピットマン・ポーター編『法の選択的対応』シーニュ

Saegusa, Mayumi and Julian Dierkes (2011). “Alternative Dispute Resolution in Japanese Legal Education: Preliminary Evidence from the 2003 and 2004 Curricula.” in Pitman Potter and Ljiljana Biukovic eds. The Globalization and Local Adaptation in International Trade Law. Vancouver, B.C., Canada: University of British Columbia Press.

Saegusa, Mayumi. (2009) “Why the Japanese Law School System was Established: Cooptation as a Defensive Tactic in the Face of Global Pressures.” Law & Social Inquiry 34(2): 365-398.

三枝麻由美 (2009) 「スウェーデンの放課後対策」(P.56-71)池本美香編『子どもの放課後を考えるー諸外国に見る学童保育問題』勁草書房

Saegusa, Mayumi (2007). “Japanese Universities’ High Policy Implementability: The Introduction of Law Schools.” University Studies 35:67-79. Tsukuba University

Saegusa, Mayumi and Julian Dierkes (2005). “Integrating Alternative Dispute Resolution into Japanese Legal Education.” Journal of Japanese Law 10(20):101-114.

三枝麻由美 (2003)「日本におけるオルタナティブ組織研究−主婦によるワーカーズ・コレクティブ−」『年報社会学論集』16号 P.90-101.

E-mail: saegusa.mayumi@d.mbox.nagoya-u.ac.jp